冬におすすめ!すき家の『牛すき鍋』と『チーズ豆乳牛鍋』

定食

だんだんと肌寒くなってきましたね~

なので今回は石原さとみさん出演のCMを見て気になっていたすき家さんの【牛すき鍋定食】を求めて行ってきました♪

店舗

やはり店舗でも大きく紹介されていますね。

ポスター

因みに牛すき鍋は下記の4種類あります。

1.牛すき鍋 780円
2.山かけ牛すき鍋 890円
3.豆乳牛鍋 840円
4.チーズ豆乳牛鍋 940円

今回は店舗ではなく、CMのようにテイクアウトしてお家でいただくことにしました。

妻と私で牛すき鍋定食チーズ豆乳牛鍋定食を購入してみました。

なんだか2食分と思えないほどの袋の量でした。笑

テクアウト袋

袋から取り出してみると中身はこんな感じです。

まずは牛すき鍋から。

牛すき鍋定食テイクアウト

牛すき鍋 /ごはん/タレ/たまご(2個)/取り皿

続いてチーズ豆乳牛鍋。

チーズ豆乳牛鍋テイクアウト

チーズ豆乳牛鍋/ごはん/豆乳ダレ/塩麴ダレ/取り皿

私の勘違いでたまごも写っていますが、牛すき鍋のたまごです。

チーズ豆乳牛鍋にもたまごが付いていると思っていましたが、牛すき鍋に2個付いているようです。

そして、牛すき鍋は家で少し作業が必要です。

鍋の蓋に調理方法が記載されています。

おいしい食べ方

イラスト付きの説明もあるのでとても分かりやすいですよ♪

おいしい食べ方イラスト付き(牛すき鍋・山かけ牛すき鍋)

おいしい食べ方イラスト付き(豆乳牛鍋)

というか、タレを入れて温めるだけなのでとても簡単です。笑

それでは早速やってみます!

まずはタレを入れる前の牛すき鍋です。

牛すき鍋

タレを入れずに空焚きしないよう気を付けてください。

チーズ豆乳牛鍋はこんな感じ。

チーズ豆乳牛鍋

チーズはすでに入っていていい感じに溶けています。

それぞれ同封されているタレを入れていきます。

豆乳ダレパック

牛すき鍋タレ

タレを入れるとこんな感じになります。

タレを入れた牛すき鍋

豆乳を入れたチーズ豆乳牛鍋

持ち運べるコンロがあればCMのようにテーブルでいただきたかったのですが、持っていないのでキッチンで調理しました…。

持ち運べるコンロがある方は是非テーブルやこたつで食べてみるとまた楽しいかも♪

コンロで調理

中火で約2分とあっという間に出来上がります。

豆乳はぐつぐつと泡立ってきます。

泡立つ豆乳

鍋はかなり熱くなるので素手で持たないように気を付けてください。

それでは完成したのでいただいていきます!

完成した牛すき鍋とチーズ豆乳牛鍋

写真を見て分かるように勘違いで溶いたたまごがふたつあります…笑

ごはんは並盛サイズにしました。

ごはん

定食なのでお茶碗ぐらいの量かと思っていましたが丼ぶりの並盛サイズでした。

ごはんの大きさ

取り皿は深めなのでたっぷり具を入れて食べられます♪

溶いたたまご

そしてチーズ豆乳牛鍋の付けダレの塩麴ダレ。

塩麴ダレ

こちらの塩麴タレが最高に旨かった!

豆乳のスープとすごく相性がいいです♪♪

塩麴ダレを絡めて

正直想像以上のうまさでかなり気に入りました。

豆乳スープはゆずの香りがして割とすっきりしています。

間違ってプラスチック容器のまま食べてますが、タレは取り皿に移して食べてくださいね。笑

さらにチーズもスープに溶け込んでこれまたうまい!

チーズが絡んだ豆腐

具もたっぷり入っています。

牛肉

お肉はプラス200円で2倍にすることもできます。

うどんはブラックペッパーとチーズが絡んでいい感じ♪

うどん

野菜もたっぷりで半日分の野菜が取れるらしいですよ。

野菜

豆腐は炙られていてすき焼きって感じですね♪

豆腐

ネギも入っています。

ネギ

最後に一口サイズのしらたきも入っています。

しらたき

しらたきと豆腐は一個ずつです。

正直はじめは豆乳のすき焼きってどうなの?

と思っていますしたが大満足でした♪

塩麴のタレとチーズと豆乳の相性が抜群です!!

鍋を温められるので熱々で食べられるのも良かったです。

因みにすき家さんの公式ホームページでランキングもやっています。

ランキング

※投票はこのブログを書いた2020年12月7日のものです。

現在のところ山かけ牛すき鍋が一位でその次にチーズ豆乳牛鍋となっています。

私もチーズ豆乳牛鍋に一票いれさせていただきました♪

一位の山かけ牛すき鍋も気になるので次回は食べてみたいと思います。

これからの寒い冬におすすめなので是非気になった方は足を運んでみてください。

 

その他私が食べ歩いたテイクアウトのお店はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました